Posted by admin

太陽光発電システムは光のエネルギーを電力に変換するという
CO2を出さない非常にクリーンな発電方法です。
また、太陽は人類の時計では永久的に続くエネルギー源ですので、
太陽光発電は現在の火力や原子力に取って代わる発電方法であることは
間違いありません。
現在太陽光発電の研究も大学や様々な企業で、
国内だけなく世界中で行われています。
現在太陽光発電の電力への変換効率は最先端のものでも
40%にまで到達していません。
そのため、研究のノビシロも広く、今後ますます研究が進めばさらに高効率で安価な太陽電池が登場すると考えられます。
一方で、電力問題は今や直近した課題で、
研究を待つだけではなく、今ある技術でもどんどん取り入れていかなければいけない段階に入っています。
そのため、現在住宅用の太陽光発電システムの新規設置に関しては
その設備費用の一部を国が助成してくれるシステムがあり、
国を挙げて応援している分野ということになります。
愛知県でも県として補助制度を実施しています。
24年度の補助予定件数は約8000件程度です。
また愛知県内の豊田市でも市として、
豊田市エコファミリー支援補助金
という名前で太陽光発電システムの設置に対して補助金を支給しています。
また、一般家庭だけでなく、企業や行政は既にいち早く大規模太陽光発電を導入しており、大手の企業の工場や小中学校の屋上に太陽光発電が既に設置され、
電力の一部を太陽光発電によりまかなっているところがいくつも存在します。
家庭用で見ると、現状普及率は10%にも満たないのが現状ですので、
どちらかというとほとんどの家庭にまだ設置されていない状況です。
しかしながら、東日本大震災以降その需要は非常に高くなり、
また東海地震による電力不足を心配する方がたも、
自家発電による電力の安定供給を考えソーラーシステムに移行されている方が
急速に増えています。
将来的には全ての家庭に設置されるであろうことは容易に予想されるところまで来ており、また太陽光発電システムに対する助成金はしばらく続くと予想されますので、
予算があるうちに設置の検討をされると良いと思います。