Posted by admin

太陽光発電のシステムを家庭に設置する場合たくさんのメリットがあります。
発電した電気は家庭用の電力として使用できるのでその分は電力会社から電気を購入する必要がなく電気代を安くできます。
また消費電力量を発電電力量が上回れば電力会社へ売電でき家計への収入となります。
場合によっては電力会社に支払う金額よりも電力会社から入金される金額の方が多くなることもあり得るのです。
今後もし電気料金が値上げされることになっても家庭用の太陽光発電のシステムがあればその影響は小さくて済みます。
家庭用の太陽光発電のシステムはモニターを通して消費電力量、発電電力量、電気料金や売電料金などが目に見えるのです。
これにより家族の節電への意識の高まりが期待できます。
しかも政府は売電の際の買取価格を10年間据え置いているので電力会社に売電する際には安定した価格で売電が出来るので早く設置すればするほどお得なのです。
太陽光発電のシステムを効率よく稼働させるためには日照時間の長さが重要になるわけですが豊田市のある愛知県は年間の日照時間が約2100時間と全国でも上位10位にランクインする程の日照時間の長さです。
豊田市にお住まいの方が家庭用の太陽光発電のシステムを設置すれば他地域と比べてより多くの発電量が見込め電気料金が安くなり売電による収入が増えることにより大きなメリットとなります。
すでに述べたとおり豊田市にお住まいの方で家庭用の太陽光発電のシステムの設置を考えている方は早めに実行に移し設置すると初期費用の回収も短期間で済ませることが出来るでしょう。
豊田市にお住まいの方が太陽光発電のシステムを設置する際には、国、愛知県そして豊田市から補助金を取得できます。
その補助金額は一般的に設置されている1kw当たりのシステム価格が550,000円以下で4kw容量のシステムを導入した場合、
(1)国:120,000円 (1kw=30,000円X4kw)
(2)愛知県:16,000円 (1kw=4,000円X4kw)
(3)墨田区:120,000円 (1kw=30,000円X4kw)
となり合計で25.6万円もの補助金が受け取れるのです。
豊田市にお住まいの方は補助金制度を活用して積極的に家庭用の太陽光発電のシステムを設置して下さい。