知っていて得する売電について

太陽光発電に関して、蓄電池がないわけではありませんが、まだそれそのものはあまり安価とは言い難い装置です。
その為、今からそのシステムを導入する家では蓄電池も一緒に取り付ける家もありますが、すでにそれを導入している家に関しては、新たに蓄電池を取り付ける家はまだまだ少ないのが現状です。

その為、太陽光発電では十分な電気を日中に発電しても、それをためておいて夜間に使う事はできません。
従って、使い切れなかった電気が無駄になってしまう可能性があります。
折角発電した電気を無駄にしないようにする為にあるのが、売電です。
これは、日中に使い切る事が出来なかった電力(余剰電力)を電力会社に買い取って貰うシステムです。

太陽光発電の場合、太陽が出ている間のみ発電をすることができます。
その為、夜間では全く発電をしないし、晴天の時は十分な発電量を期待出来ても、曇天の時はあまり発電が期待できません。
そういう時は自家発電では電力が足りないので、電力会社から電気を買う事になります。
これが買電です。
太陽光発電では、この売電と買電を繰り返して行います。

また、発電量が多い場合、日中は全く買電する必要はありません。
余剰電力もかなりの量になるので、沢山売電する事も可能です。
従って、一か月の電気代の明細を見てみると、買電の額よりも売電の額の方が大きくなる事もあります。

太陽光発電は、月々の電気代の使用量を減らすだけではなく、売電を行う事で利益が出る可能性もあります。
勿論、どこでそれを導入しても十分な発電量が期待できて利益が出るわけではありません。
また、どんな天気の時でも売電できるわけではありません。
ただ、太陽光発電に関しては、売電できるという事は知っておく必要があります。
そして、その売電の時の買い取り額は毎年見直されているので、その太陽光発電を導入したタイミングによって違うのを知っておくのがポイントです。
(買い取り額はほぼ10年間一定です)