Posted by admin

日本各地において民間企業などが遊休地を利用して発電事業をスタートさせてきています。
これは電力の買取り制度のスタートが後押ししている物でして、日本国内の電力の安定確保に寄与してゆく物と思われます。
そして発電方式としましては太陽光発電が注目されており、これは発電する際に燃料など不要ですし、また発電の際に排気ガスなどを出さないクリーンなものだからです。
そして日本各地において発電事業が行われる中で、愛知県の一宮市は平地の多き地域でして民間の企業においてもこの太陽光発電の設置に積極的なのです。
またこの背景としましては太陽光発電の設置に対して補助金を支給したりする制度も影響を及ぼしていると思います。
今までは電力は供給してもらえる前提でしたが、これからは一定量は自らが確保してゆく気持ちでいないといけないのです。
また皆さんの意識についてもだんだんと変化してきており、将来的には自分で使用する電気は自分で賄うことが普通になるかもしれません。